ニュージーランド自由帳 

ロトルアでワーホリさんのお手伝いをしながら、日常生活や英語、ワーキングホリデーなどのお役立ち情報を書いています!

畑作りに挑戦!

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

ニュージーランドは春になったということで、今回、悲願(?)だった、畑プロジェクトに取り掛かりました!うちの庭の隅には、砂地のような一角があるのだけど、ここは以前の住人さんが、燃やした薪を捨てていたみたい。掘ると大きな木片や、小さいけど燃えないゴミが出てきて、あまり畑向きじゃないな、とう感じだった。しかーしこれらを除き、しっかり生ごみを埋め、土壌改良をしていたわたし。更に、1年ほど前には大きなコンポ...

自給自足やーるど~!

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

ニュージーランドの土地は広い。日本と同じくらいの面積だけど、人口はその30分の1ほど。都市部に人々は集中しており、ちょっと郊外に出ると閑散・・・、なんて所も多い。でもよく見ると、そんな所には牧場や農場が広がっている!そして家庭の庭は、基本的には広い。少なくとも猫の額、というイメージは無い。さてうちだけど、ここも結構広い。ただ、北側の場所が狭く、野菜や花を育てるには、ちと不向きだ。(注・NZの北は、日...

ロハスに生きるニュージーランド人

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

ニュージーランドで生活していてよく思うのが、自然が近いなぁ~だ。我が家は大きな街のちょっとはずれにあり、都市部より緑が多い。そして、ほとんどの部屋から、緑の芝と広い牧場が見渡せて、いつも気分がいい。別にどこに行かずとも、ちょっとしたリゾートにいる気持ちになれる。周囲には、果樹が植わっていて、季節ごとにおいしい果物が手に入る。今は冬なので、オレンジをたくさん頂く。特に師匠(義母の母)のオレンジは最高。...

オーガニックな制度・WWOOF

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

WWOOF(ウーフ)ってご存知だろうか?これは、World Wide Opportunities on Organic Farms、Willing Workers on Organic Farms、の頭文字で、有機農家さんの所に泊まり、お手伝いをするシステム(無給だけど、食事も付くようだ)。1971年にイギリスで始まり、ニュージーランドや豪州で発展したらしい!これって結構納得がいく。だってニュージーランドは人口が少なく、肥沃な土地が広い。だから、野菜や果物の産業もかなり発展している...

ニュージーランドのオーガニック生活☆

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

ニュージーランドは自然がいっぱい、というイメージがある。私の日本での生活と比べると、緑の空間がだだっ広い。牛や馬が目の前の牧場で、草をモショモショ食べているし、小鳥が集団でやってきて、何かをついばんでいるので、冬の今でも庭は活気がある!そんな環境にいると、やってみよう、と思うことがいくつか出てくる。そのうちのひとつは、野菜を育てる!だ。NZ人で家庭菜園をしている人は多い。手入れやら肥料やらで、手間が...