ニュージーランド自由帳 

ロトルアでワーホリさんのお手伝いをしながら、日常生活や英語、ワーキングホリデーなどのお役立ち情報を書いています!

ワーホリを低予算で乗り越えるコツ

Posted by ルイーズケーキ on   2 comments   0 trackback

ワーキングホリデーは、生活費を補うための仕事(アルバイト)
ができるホリデー制度

ニュージーランドなら、これで最低1年間滞在できる。
そこで文化や習慣を学んだり、
人々と交流し、いろいろ楽しもうね!、というものです。

ここで英語を頑張る人も多い。
でも、語学学校に行く必要は無いですよ

費用が結構かかる、気ままに旅や仕事がしにくい、
などのマイナス要素を考えると、
学校はワーホリ制度にはあまりそぐわない気がする・・・。

そのため、私がお世話させて頂いているワーホリさんたちの多くは、
学校に通いません。


さてここで、学校に行かない場合のワーホリ予算を公開します。
それは、現レートで70~80万円ほどです!

ここには航空券、保険も含まれています


渡航前にいろいろ買う必要も無いでしょう。
地味な普段着、日用品など今使っている物でほぼOKなはず。
沢山持っていきたい方は、断捨離してください

人間が本当に必要な物は、そうたくさん無いと気づくでしょう。
(登山などをする方は違いますが)


以前あるワーホリさんが、これ使ってくださいと、
ペンなどの文房具を総数30ほどくれた。

英語参考本、NZガイド本を、
ワーホリ開始直後にわが家に置いていく方も多い
そんな本を数えたら、13冊もあった。

つまり、いるかも、と思うものは、多くの場合いらない。
ニュージーで買える物も多いし

それよりは、日本にいるうちに、
ワーホリやNZについて学んでおくべし


ワーホリは働けるビザ。
仕事をすると、手持ちがほとんど減らないか、
帰国時に増えているワーホリさんも多い。
(私がお世話したワーホリさんたちです)

こんなワーホリにしたいなら、何がしたいか(できるか)を把握し、
タイミングを見て渡航、段取り良く生活セットアップしよう

NZは日本と違うこともある。
それを渡航後に気づくのでは、遅すぎることも・・・。
そうなると、無駄に時間やお金を費やす可能性は大きい。


そうならないために、計画し、きちんと準備して、学んでおく
ことが重要です



ロトルアのホームセンターに行ったら、
柵の付いた、大きなプレイグランドがありました~!
背景には商品がズラリ。

P3187572_convert_20170318132809.jpg

その隣にはカフェ。
お客さんはいなかったけど、その代わり店員さんが、
ふたりでお茶していました・笑。

P3187571_convert_20170318132732.jpg

ホームセンター直営っぽい感じでした。
こんなところも日本とちょっと違うかな


ワーホリLINE電話実施中です。
(私と)お話ができてだいぶ安心しました、と言って頂いています

これでワーホリ決意される方は多いです。
良かったらお気軽にご相談くださいね。

nzryugaku@gmail.com
ご連絡は、渡航前+語学学校決意前に。


カップケーキの写真はランク用ぽち!です。
宜しければ・・・
     
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.21 19:44 | | # [edit]
ルイーズケーキ says... "Re: ワーキングホリデー"
21日にご連絡をくださったKMさん

ご連絡ありがとうございます。
頂いたアドレスがうまく開けないため、私のアドレスnzryugaku@gmail.com
まで再度ご連絡頂けると幸いです。

ご不便をおかけして申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願い致します。
2017.03.22 18:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://louisecake.blog.fc2.com/tb.php/2240-e910e1f6