ニュージーランド自由帳 

ロトルアでワーホリさんのサポートをしながら、日常生活や英語、ワーキングホリデーなどのお役立ち情報を書いています!

ニュージーの学校の厳しい一面

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

ニュージーランドって国全体がゆるーい感じがする

特に学校は、日本のように校則で縛られていない。

校則はあるのだけどちょっと不思議。
例えば、靴下の色は、白、黒、赤、緑ならOK、みたいな。
これじゃあ何色でもいーじゃん!てな感じ・笑。

髪を束ねるゴムの色は、髪の色に合っていれば良い、て・・・。
(注・どちらも学校により多少違います)

ネックレスやピアスをしたり、
学校指定でないジャンパーを着ていても、
お咎め無し、なんてことは普通。

ランチや朝のお茶タイム(がNZにはある)用に
お菓子を持って行っても基本OK。

チョコレートやチョコバーでなければ
と、こんな感じなのが小学校。

中学だと授業時間以外なら
タブレットやスマホでゲームしたり、
音楽を聴いたり、なんてことは普通みたい。


このように外面はゆるーいけど、
実は内面はちと違う

先生の話を聞かない、騒いで授業の妨害をする、
とかだと、コワイ先生のクラスに突然追いやられる。
その時間だけ。

そしてあまりに態度が悪いと、校長室に送られる

教頭先生の時もあるけど、
ようは、学校の管理者に直接注意されるわけです。

また、本当に手に負えないときは退校処分もある
小学校でも。

退校になったキッズは別の学校に行くのだろうけど、
義務教育でも退校させちゃうところがすごい。

学校に害(?)がある子を、
そのまま置いてはおかないのだ。


これは語学学校でも同じ

大金を払って来る学生を厚遇するけど、
態度や出席率が悪い、などだとやっぱり退校らしい、普通は。

ホストファミリーも我慢しない。

これは直接聞いた話だけど、語学学校に行くと言いながら、
彼氏と遊びに出ていた16歳の子(それもしょっちゅう)、

寝坊したために遅刻しそうになり、
ホストファミリーに高校まで送れ、と言った17歳の子がいた・・・

そしてこの子たちのホストファミリーは途中で受け入れを拒否

ニュージー人は懐が深く、良心的。

でもこの子たちはこれ以外でも悪かったみたいで、
我慢の限界だったようです。

ということで、厳しい一面もあるんですよ、NZにも。



秋らしくなってきたニュージーです!

P4200020_convert_20180503131052_convert_20180503131106.jpg

街路樹や森の木々が紅や黄色に変化中~。
となると走りたくなるのがニュージー人!

先日ロトルアで開催された、ミニマラソン大会の様子です



小中学生が対象のマラソンではニュージー国内で最大規模。
2500名の参加、とアナウンスされてました。

この翌日は、大人の大会もありました~☆

VLOG(ビデオブログの意味)、私が撮ってアップしてます。
よかったら観てね~



英語ができなくてもできるNZワーホリ実施中。
サザンクロスエクスプレスのワーホリサポート

更に、低予算でも始められるところがGOODです。

不安がほとんど解消されるサポート内容なので、
ぜひ資料をご請求くださーい。

住所とTEL番号は不要ですよ

scewhanz@gmail.com

(渡航前+語学学校決意前にご連絡を!)


ここまでお付き合いくださりありがとです!
最後にランク用クリック、もよかったら
      
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://louisecake.blog.fc2.com/tb.php/2423-981545e3