FC2ブログ

ニュージーランド自由帳 

ロトルアでワーホリさんのサポートをしながら、日常生活や英語、ワーキングホリデーなどのお役立ち情報を書いています!

ニュージーランド人の仕事観

Posted by ルイーズケーキ on   0 comments   0 trackback

私のニュージー人の知り合いの職業は、
歯科衛生士や教師、レンタカー会社の社長、などいろいろ。

そんな彼ら、彼女らと話していて気付いたことがある。

それは、
一生同じ仕事を続ける人は少ない、ということ

例えば、私の娘の担任だった男性教諭は、
以前はキャビネット職人で、
実は小説を出版したりなどマルチな人だった

昔は教師だったけど、
今は美術館の職員になった、というママ友もいる。


私がよく行くスーパーのレジ担当者は大勢いる。
だから一人一人覚えることは難しいけど、
それでも2,3回同じ人に当たれば顔くらいは覚える。

しかーし、その覚える暇もないくらい、
あっと言う間に入れ替わることあり

腰かけ程度のアルバイトから、
キャリアを積む職業まで、仕事に関係なく、
ササっと辞める人は日本人よりはるかに多い気がする。

もっと給料の高い仕事が見つかった、
とか、向いていないから別の仕事をしたい、などで・・・。


また、キツイ、汚い、危険なジョブは日本同様人気が無い。
この3つに加え、単調な流れ作業も敬遠されがち
工場で箱詰め作業などね。

でもこの恩恵を受けるのは、ワーホリさんです

期間限定のフルーツジョブのような簡単(単調)な仕事なら、
たとえ英語ができなくても雇われる率は高い!


と、ちょっと話がそれましたが、
勤続年数が長いことは必ずしも良い、
とは見ていないようですNZ人は



ホテルやホステルのベッドメイクやお掃除は、
ワーホリさんのおススメ仕事の1つ

DSC03440_convert_20190131162840_convert_20190131162855.jpg

ここは小さなコテージですが、中は本格的に造られてる

ここの掃除はちょっと大変かな?
でもお洒落だと思いませんか

DSC03375_convert_20190131160847_convert_20190131160904.jpg

因みにここ、ロード・オブ・ザ・リングの撮影隊が泊まったようです☆
そして、それ目当てのお客さんがいるらしいです~!


ワーホリフライヤー2月用Jpeg版_convert_20190131164703

ワーキングホリデーだと、こんなアウトドアがたくさんできちゃう
(長期の旅行や留学で楽しむ方もいます)

ニュージーを思う存分体感したいなら、ぜひご相談くださいね。

ニュージー渡航のアイデアが載るサイトです

メールやLINE電話相談を受け付中。
私がお返事しますので、お気軽にどうぞ



毎回読んでくださりありがとうございます!
最後にぽち、も宜しければ
        
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://louisecake.blog.fc2.com/tb.php/2533-b663128d