FC2ブログ

ニュージー流のお泊りにびっくり!

うちには13、11、7歳の3人のキッズがいる。
彼らは友人宅にお呼ばれして、泊まることがよくある

そこで、泊まり方が日本と違うかも
と思ったことがあるので、ブログで発表しまーす。


まずはベッドシェア。

方法は、友達のベッドの足の方からうちの子が入る。
川の字だけど、互いの足を見ながら寝るかたち

子どもが大きくなったり、泊まる人数が多いと、
寝袋を持参することが多い。

マットレスの上に寝袋を敷いてその中、だ。
友達と言えども所詮キッズ。ゲストじゃないからこんな感じ


うちの場合は、来てくれた友達用にベッドを用意するけど、
これは親の負担になるから普通はしない。


キッズの年齢が上がれば上がるほど適当になる

先日長男が泊まった友達宅では、
リビングのソファーで寝たらしい。

長男の友達が、マットレスを出すのが面倒、だったから・笑。
親は介入しない。13歳ともなれば自分たちで、だ

所詮むさい男子だから、どーでもよいのだ・笑笑。


そしてそして、ほほーっと思うことがもう一つ。

遊び(やお泊り)に呼ばれ、うちの子を連れて行くと、
親が出てこないときがある!

私は、出迎えてくれた友達に、
「じゃ、ヨロシク!」と言って子を引き渡す。

でも、うちの子の友達が来る時は、私が迎え出る。念のため。
そして友達が帰宅後、親から「お世話になりました」というメールは無い。


日本だったらNGでも、ニュージーランドはOKのことが多い
親同士、勝手知ったる仲だからこんな感じなんです。

この方が互いに気楽だし、
この程度で関係がギクシャクしない。

NZ人のお気楽さ、私は好きです
(因みに、律儀な親もいます、中には)


うちはキッズより、
日本からのホームステイ者さんの方が多いかも

W_convert_20191129101207_convert_20191129101856.jpg

ポテチとNZディップを楽しんでいる図↑
簡単に作れて旨いディップです☆

P2282965_convert_20190218234013_convert_20190221203541.jpg

ニュージーやオーストラリアで大人気のベジマイト~

ホームステイの方にすすめても皆遠慮する。
しかーし、うちの家族で食べる人がいるので、常備しております


ベジマイトをもっと知りたいならこの動画で!
(いや、知りたくないかも・・・)



しょっぱいけど健康食品の部類だと思います~


ホームステイで英会話を楽しめます!
NZで自然や食べ物も楽しみませんか
わが家で受け入れていますよ☆

語学学校不要のワーホリサポート
ワーキングホリデーのしっかりサポートで、低予算での成功が目標です


毎回ぽちっと、ありがとうございます
これはブログランクに反映されます。
         
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント