FC2ブログ

拷問デザート

私の義母はニュージーランド人で、
幼少の頃彼女は、母方の親戚と共に牧場で育った。

60年前の当時は、家事を仕切るのは主に女性
(現在は、家事はシェアするもの、が常識)


彼女の母(故人・私の師匠)はそれらを完璧にこなす人。

例えば、キッズのランチには欠かさず手作りベーキングを入れていた
(ベーキングとは、オーブンで作る焼き菓子のこと)

学校でのお茶タイム(これは主に教師のための時間、
でも教師が休憩=キッズも、となる)で食べるスイーツ、
これが他のキッズからは、「いいなぁ~」だった


師匠の生前、私はケーキやクッキーを何度も頂き、
「私もこんな風に焼ければ・・・」と本気で尊敬していたし、
その腕前は、彼女を知る人からは一目置かれていた

しかーしこのスイーツには大きな問題があった。
義母は甘いモノが苦手なのだ

師匠の作るスイーツは、本当にスイート

全てではないのだけど、
中には歯が浮くくらい甘いモノがあった。

でも、私には甘すぎるモノでも、義母は食べることがあるので、
本当に苦手なのと思うときはあるのだけど・・・。

とにかくこのスイーツ、
夕食後にデザートとしてパワーアップして出てきていたらしい


牧場生活では、夕食後のデザートは、伝統的に必ず出る。
牛乳や卵がたんまりあるから、
これらを惜しみなく使ったケーキ+アイシング付き、などとして!

これらはもちろん甘い。

そしてこのデザートを義母は、
「強制的に食べさせられた」らしいのだ。

出された食事を全部食べること、
とはよく聞くけど、デザートまでとはコレいかに・・・。

彼女にとっては拷問に近いこのデザートタイム、
私が代わってあげたかった


師匠のバナナケーキ、Xマスバージョン

Nana_Cake_convert_20201116063510.jpg

ゼッタイにブレない美味しさ&チョコアイシングがパティシエ並み

Nana_cake_2_convert_20201116063425.jpg

1日で平らげるキッズ~!!
(7年くらい前の写真)

nana_cake_3_convert_20201116063450.jpg

パッションフルーツのクリームを挟んだクッキー
これと同じ物は誰も作れないかと・・・。

Nana_vege_convert_20201116063613.jpg

彼女の庭にあった菜園。
いつどの場所に何を植えるかを考え、完璧に育てていました
これをお裾分けして貰っていた頃が懐かしい。

Nana_kana_convert_20201116063544.jpg

師匠とわが家のホームステイ者Kさん

師匠宅に皆さんをよくお連れしていて、
彼女の自慢をさせてもらっていましたー


コロナが収束したら、ぜひホームステイに来てね☆
(師匠はいませんが、楽しく美味しい?ホームステイです

ニュージーホームステイのサイト

NZワーホリサポートもあります

scewhanz@gmail.com こちらからもご相談OK!


ランクボタン、お時間があれば、ぽちっと
 
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント