FC2ブログ

NZのマオリ文化&言語教育

ニュージーランドにヨーロッパ人が移民して200年ほど。
でもその前からNZに住んでいる人たちがいる。
彼らはマオリと呼ばれ、独自の文化と言語・マオリ語を持つ


マオリ語は、他のどの国でも使っていない。ここNZだけ。
学校や幼稚園では、英語の他にマオリ語を習う、又は使うことが多い。
英語同様公用語だから


病院などの公共施設でも、英語と並びマオリ語表記されていたりする。
その単語がすごーく一般的なマオリ語だと、
マオリ語表記だけだったりする


私が子供を産んだ病院の待合のドアに、マオリ語で『家族』と書いてあった。
家族専用待合室と言う意味だと思う。
NZに来て日が浅い外国人がそれを見たらかもしれないね・・・。


マオリ語を話せる人は結構いる。
家庭でマオリ語を覚えたり、学校で学ぶ。
更に、ダンスやなどの文化を学ぶ機会も多い


こんなに浸透しているマオリなので、昔からそうなのかと思っていたら、
実はそうではなかったようだ・・・。


後から来た移民が、先住民を迫害するパターンはこの国でも起こった。
つい最近まで、マオリ文化とその言語は禁止だったのだ


現在60歳くらいの人たちが学生だった頃は、学べなかった。
そしてマオリの子供は、マオリ専用の学校に行かされた。


そして時代は進み、現在40歳くらいの人たちは、マオリ語の選択はできた。
でも文化は今ほど熱心に教えられていない


今はマオリのお正月・マタリキだが、
NZ人のオットはこれについてほとんど知らない。
習わなかったみたい
(注・上記内容は、地域などで多少差があると思う)
だが息子の小学校では、これを取り上げ、熱心に教えている



とにかく、寛容なNZ人を見ている私には、信じられない過去なのだ。



マオリがNZに現れるす~っと以前から住んでいるトゥアタラ
   ↓



滅多にお目にかかれないです。
これを密輸しようとする輩までいるくらい貴重です


こちらでも貴重なNZ情報を流しています!!
   ↓
私のNZ情報FBです!『いいね!』もよろしくです☆


おっとこちらも!
   ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

ジモモ オークランド
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント