FC2ブログ

ザ・ゲロ

ニュージーランドの標準語は英語とマオリ語
英語は世界各国で使われているが、マオリ語はどうか?
学生の頃、マオリ語を勉強した義母に聞いてみた。
すると答えは、ニュージーランドだけ



独自の文字を持たなかったマオリ語は、
アルファベットで表記されるようになった。
これが日本人には読みやすい



例えば私の住む町・テプケ。Te Puke と書く。
Teは英語のThe。Pukeは丘という意味。
ザ・ヒルということですな。
しかしこのPuke、英語だとピュ-クとなり、意味はゲロ。
ザ・ゲロです。


笑ってはいけない。私の町だから
ちょっと言いたいことの主旨がずれたが、
つまり、そのまま読めばいいのです、日本人なら。


でーもでも、ヨーロピアンには読みにくい。
そして地名は難しい。
多くの場所がそのままマオリ名を使っている。
読める日本人でも難しい。


外出好きな義母が、今日はワンガマタに行ったと言う。
ど、どこ?マタマタのそば??と聞く私。
いや違う、フィティアンガの南にあるの。ってな具合


マタマタのように繰り返す地名も多い。
地図好きな私でも、慣れないマオリ語の地名は覚えにくく、
何年もかけてようやく判別できるようになったかな、くらい。


更に皆、英語風に発音するから、尚わかりにくい。
テプケを英語風に読むと、テプキ。Keはキ。


ある日本人がマオリのおばちゃんに、テプケに滞在している、と言ったら、
あら、発音がいいわね と褒められたらしい。
キじゅあないのよ、本当は と


とまぁこんな具合でマオリ語の地名は浸透しているが、
その他の生活単語も結構使っている。


我が家のお気に入りは、プク。お腹という意味。
日本語でも満腹って言うから、すごく覚えやすい。言いやすい。


子供の学校でもマオリ語の歌や単語を使っているようだ。
以前は見捨てられそうになった文化、言葉だけれど、
こうやって復活し、大切にするところがニュージーランドらしい


これがとーってもよく見かける鳥。プケコ
   ↓



車にひかれて横たわっている姿を結構見かけるが、
おお、気の毒に・・・なんて気持ちが起らないくらい多い。
きれいな鳥なんだけど


NZの紫外線について書いてみました!こちらフェイスブックです☆



プケコの他には、ポッサムもひかれています、よく。
このポッサム、オーストラリアなら保護しているけど、
NZだと駆除の対象です。

 ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメント(1)
ポッサムって初めて知りました〜。
アライグマみたいなのなんですね。そりゃぁ害獣になりやすそうです・・・・^^;

ふにゃこ

2012/10/10 01:58 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント